FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- | スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) | page top↑
DEMOの認識と重要性
この際なので、DEMOについて軽く触れておきます

COD4のDEMOの場合””本人がプレイ””したDEMOを録画した場合はきわめて近い再現となりますが

他人からのスペクト視点からではその再現に違いがでてきます。

簡単な例をあげますと、KILLCAMを見た時煙などが上手く再現されてなかったりワープする人を見た事はありませんか?
前者はPCでの処理速度の違いですが後者は回線によるところが大きいです、後者はpingが30など低い状態でも起こる現象です

スペクト時の一番の欠点はやはりこの2点での再現が極めて低いことだと思います
他ゲームでは疑惑などの問題提起はスペクトでも実際検証する際は本人が大会などで提出したDEMOと照らし合わせたり
直接本人の撮影したDEMOが決定的な証拠となります、なので大会やイベントなどではDEMO提出を義務付けているのです

他オンラインFPSでもリプレイ機能があるものはデータを取っていたりするはずです。

こういった認識のずれはよくあるとは思いますがpromodなどではプレイ中のプレイヤーのスクリーンショットを撮影するといった機能が備わっていたりします
そういった意味でもpromodが広まるという事はチート対策の手段としては有効だと思います。

最後に、JPN#2のDEMOが公開されました、興味のある方は下記URLよりHPでどうぞ!


Call of Duty 4 JAPAN NIGHT

私一個人としてはこのようにDEMOについては認識しております
違う場合もあるかとは思いますがその際は指摘していただければと思います。
スポンサーサイト
2009/01/07 | COD4 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。